諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

ガーデニングアドバイザーW資格取得講座とは?

ガーデニングアドバイザーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのガーデニングアドバイザーW資格取得講座は、「ガーデニングアドバイザー」「園芸インストラクター」の資格をダブルで取得できる通信講座です。庭造りについて基礎から学ぶことができ、さらに資格試験対策も盛り込んであるので、初心者はもちろん、造園業に携わりたい方にとってもおすすめの内容となっています。

ガーデニングアドバイザー:
ガーデニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する資格です。ガーデニングについて一定以上の知識を有し、的確なアドバイスができる能力を認められた人に授与されます。資格を取得するには、ガーデニングの基礎知識から、設計・施工・管理の知識、ガーデンデザイン、ガーデンを美しく見せるテクニックなどをよく理解する必要があります。
園芸インストラクター:
園芸インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。園芸に関する幅広い知識を有し、そのスキルが他者へも指導できるレベルに達している人に認定されます。資格を取得するには、ガーデン図面の描き方や製図に使う道具、製図のルール、園芸店のマーケティングや売場づくり、ガーデンアイテムの作り方、有機野菜やハーブの育て方など、様々な知識が求められます。

ガーデニングは、現在多くの注目を集めているジャンルのひとつです。インターネット上では、インスタグラムなどのSNSを通じてたくさんのガーデン画像が公開され、ガーデニングに関するテクニックなんかも情報発信されています。田舎暮らしやアウトドアなど自然回帰への関心が高まっているなかで、こういった流れもまた自然なのかもしれません。 ガーデニングアドバイザーW資格取得講座は、ガーデニングについて詳しく学ぶことができる通信講座です。諒設計アーキテクトラーニングの母体となる会社が設計事務所であることから、講座内容もかなり本格的なものとなっています。卒業後には「お仕事お役立ちブック」という特典も。これは実際に仕事を始めるのに役立つ、ガイドブックのようなものだそうです。また、「時間や手間を省きたい」「試験が苦手…」という方には、試験免除で資格を取得できるスペシャル講座も用意されています。

ガーデニングアドバイザーW資格の活用法

ガーデニングアドバイザーと園芸インストラクターの資格は、花屋や園芸店、造園業などの仕事で活用できます。スキルアップにつながりますし、資格を所持することで自信もつくでしょう。履歴書にも記載できるので、就職や転職でも役立つはずです。 造園業を立ち上げる場合、特に決まった資格が必要というわけではないので、独立開業する際もこれらの資格を活かすことができます。依頼する側にとっては造園業者の能力を計るすべはありませんから、資格がスキルの証明書になるのです。また、講師資格ですので、自宅やカルチャースクールを利用し、副業としてガーデニング教室やセミナーなどを開くことも可能です。ガーデンプランナーやガーデンデザイナーとしてフリーランス活動を行うのもアリでしょう。

ガーデニングアドバイザーW資格取得講座の口コミ評判

諒設計アーキテクトラーニングのガーデニングアドバイザーW資格取得講座は、ガーデニングを楽しみたい方やスキルアップしたい方、園芸店や造園業で働きたい方などを中心に人気があり、口コミ評判も様々に寄せられています。

▼ガーデニングアドバイザーW資格取得講座の口コミ評判
ガーデニングが趣味で、自分流で庭造りをしてきましたが、一度しっかり学んでみたいと思い、受講を決めました。もともと好きな内容なので、最初から最後まで楽しく学習できました。資格も取れて、とても満足しています。
質疑応答や添削課題などサポートがしっかりしていたので、安心して学習を進められました。家事の合間に勉強する、というかたちでしたが、思っていたより短期間で卒業できました。いつか、ガーデニングのミニ教室なんかを開けたらいいなと思っています。
通信教育というのが初めてで本当にちゃんと学べるのか不安でしたが、全く問題なかったです。テキストの内容が充実していて、それでいてわかりやすく、添削もしっかりしていました。資格も無事取得でき、結果的にとても満足できる内容でした。
ガーデニングについてはネットや本で少しは学んでいましたが、それとは比べ物にならないくらい内容が充実していました。都合の良いときに進められるので、自分のペースで勉強し、無理なく資格をとることができました。学んだ知識を活かして、ガーデンプランナーとして開業しようと思ってます。

以上、ガーデニングアドバイザーW資格取得講座の口コミ評判の一部をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。通信教育で学ぶなら、やっぱりわかりやすさとサポートの安定感は外せませんよね。その点、諒設計アーキテクトラーニングなら特に心配しなくてもよさそうです。