諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

ハウスクリーニングW資格取得講座とは?

ハウスクリーニングW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのハウスクリーニングW資格取得講座は、「ハウスクリーニングアドバイザー」「クリーニングインストラクター」の資格をダブルで取得できる通信講座です。清掃について基礎からじっくり学習でき、さらにハウスクリーニング業者としての知識も学べるので、初心者はもちろん、仕事としてやっていきたい方にもおすすめできる内容となっています。

ハウスクリーニングアドバイザー:
ハウスクリーニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する資格です。清掃のプロとしてハウスクリーニングに関する様々な知識を有し、適切な判断やアドバイスができる能力がある人に認定されます。資格を取得するには、清掃の基礎知識、清掃用具の選び方や使い方、業者としての心構えなどを熟知している必要があります。
クリーニングインストラクター:
クリーニングインストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。清掃について幅広い知識を有し、その場所ごとに最適な清掃方法をマスターした人に認定されます。資格を取得するには、玄関・キッチン・浴室・トイレなど、それぞれに最適な清掃方法の他に、害虫駆除などの知識も求められます。

掃除は誰にでもできますが、それを仕事にするとなると、やっぱりプロとしてのスキルが求められます。実際、清掃後も細かい部分に汚れが残っていたりしたら、依頼者はその次は別の業者に頼んでしまうかもしれません。細かな箇所の清掃方法も知っていて、さらにリビングや廊下、キッチン、浴室、トイレ、玄関、ベランダ、テラスなど、場所ごとの清掃方法や、事務所、病院、レストランといった施設ごとに最適な清掃ができる知識・技術を会得しているのが、真のプロなのです。 ハウスクリーニングW資格取得講座では、清掃のプロになるのに必要な知識・技術を徹底的に学ぶことができます。資格を取得するには卒業後に自信で受験し合格する必要がありますが、この講座には、試験免除で資格を取得できるスペシャル講座も用意されているので、「時間や手間を省きたい」「試験は苦手」という方はこちらを選択するのもアリでしょう。また、卒業時には、その後の仕事で活用できる「お仕事お役立ちブック」がもらえるそうです。

ハウスクリーニングW資格の活用法

ハウスクリーニングアドバイザーとクリーニングインストラクターは、ハウスクリーニング業を始めたい方にとって最適な資格といえます。資格は、スキルの証明書のようなものです。資格を取るまでの過程で専門知識を徹底的に学びますから、資格を所持しているという時点で、実務で通用するだけの知識・技術を身につけているのです。ハウスクリーニングで独立開業するのに、特に資格は必要ではありませんが、提示することで信頼を得やすくなるでしょう。そしてそれは、売上アップにもつながります。 また、履歴書に記載できるので、清掃業への就職や転職に有利となります。それ以外にも、工場や病院、ホテルなど清掃パートやアルバイトの面接でも、提示すればやはりスムーズに話が進むはずです。 副業として活用する方法もあります。講師資格ですので、自宅やカルチャースクールを利用しハウスクリーニング講師として活動することも可能なのです。時代に関係なく一定のニーズがある分野ですから、宣伝次第で良い副業となるでしょう。

ハウスクリーニングW資格取得講座の口コミ評判

諒設計アーキテクトラーニングのハウスクリーニングW資格取得講座は、プロの掃除のやり方を学びたい方、ハウスクリーニングで独立開業したい方、仕事のスキルアップを目指したい方などを中心に人気があり、口コミ評判も様々に寄せられています。

▼ハウスクリーニングW資格取得講座の口コミ評判
清掃業への転職を考えるうえで、資格があったほうがいいと思い受講しました。もともと掃除が好きなので、楽しみながら学習できました。資格を取れて自信がついたので、転職も前向きに検討できそうです。
項目ごとに丁寧にまとめられたテキストで、とても読みやすく、サクサク勉強できました。現在ハウスクリーニングの会社で働いていて、何か自分をアピールできるものがほしいと思っていたので、今回資格を取得できて本当によかったです。
テキストがイラストや図解入りでわかりやすく、添削課題があったのも理解を早めることにつながりました。資格を活かして、ハウスクリーニングで独立開業をする予定です。いろいろお世話になりありがとうございました。
内容の濃い教材のおかげで、掃除についてたくさんの知識が身につきました。電話やメールでの対応がしっかりしていて、郵送もスムーズだったのでペースを崩すことなく勉強できました。

以上、口コミ評判の一部をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。寄せられた感想のなかには、諒設計アーキテクトラーニングならではといえるコメントもあるように思います。