諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

POP広告デザイナーW資格取得講座とは?

POP広告デザイナーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのPOP広告デザイナーW資格取得講座は、「POP広告デザイナー」「POP広告アーティスト」の資格をダブルで取得できる通信講座です。POPライターやデザイナー、広告業界を目指すならこれらの資格を取得しておいて損はないでしょう。

POP広告デザイナー:
POP広告デザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。デザインについて一定以上の知識・技術を備え、配色やレイアウトなどニーズや戦略に合わせたデザインを行える能力のある人に認定されます。資格取得には、CGやレタリングの基礎、デザインの技法といった基礎知識から、広告戦略やビジネスデザインの知識も必要となります。
POP広告アーティスト:
POP広告アーティストは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。ビジネスデザインについてよく理解し、高い訴求効果を見込めるデザインを作成できる能力がある人に認定されます。資格を取得するには、POPイメージ広告に関する基礎知識、様々なデザイン技法について熟知している必要があります。

POPとは、よく店頭で見かける販売促進用の広告を指します。POPは、単純なツールでありながら、店内の雰囲気を左右する媒体であり、さらに、デザインによってはそれが売上にも大きく貢献します。売上につなげるという目的がある以上、そのデザインは消費者の購買意欲を高めるものでなければなりません。ビジネスデザインは、自分の表現したいイメージ像に加え、実際に行動を促すようなデザインにする必要があるのです。 POP広告デザイナーW資格取得講座では、その具体的な手法について深く学ぶことができます。資格を取得できれば、仕事で活躍できる場も増えるでしょう。「でも資格試験って難しそう…」「受かる自信がない」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、問題ありません。スペシャル講座を選択すれば、試験免除で資格を取得できるようです。確実に資格を取りたいなら、このスペシャル講座を受けられることをおすすめします。

POP広告デザイナーW資格の活用法

POP広告デザイナーとPOP広告アーティストの資格は、業界を問わずあらゆる店舗で活用できます。商品を店頭で販売するお店なら、どこでもPOPライターの需要はあるといっていいでしょう。店舗運営者としても、クオリティの高いPOPを次々に作ってくれるPOPライターは、とても頼もしい存在に映るはずです。また、これらの資格は、広告・印刷・デザイン関連の企業に就職・転職するときにも役立つでしょう。 副業として活用する場合は、自宅やカルチャースクールを利用し講師活動を行うといった方法もあります。講師資格ですので、これもまた資格取得者ならではの特権といえます。他にも、ネット上でPOPデザインをそのまま販売できるサイトもありますし、デザインやPOPに関するブログを開設し情報発信していくことで、それが副業につながる場合もあります。 資格を持っているということは、その資格について充分な学習を行い、知識・技術を習得済みであるということです。いわば、資格はスキルの証明書のようなもの。特に仕事に活用する場合、資格を提示することで一定の信頼を得ることが可能となります。

POP広告デザイナーW資格取得講座の口コミ評判

諒設計アーキテクトラーニングのPOP広告デザイナーW資格取得講座は、POP作りに興味のある方、ビジネスデザインを学びたい方、自分の好きなことで副業を始めたい方などを中心に人気があり、口コミ評判も様々に寄せられています。

▼POP広告デザイナーW資格取得講座の口コミ評判
テキストがわかりやすいように作られているので、勉強というより楽しむ感覚で進めることができました。これまでは趣味の延長上のようなPOPしか作っていなかったので、ビジネスデザインについて詳しく学べたことが大きな成果でした。
資格を一気に2つ取れるという点に惹かれて受講を決めました。POPについては初心者の私ですが、それでもあっさり卒業できたのは、わかりやすい教材と、スタッフさんの手厚いサポートのおかげだと思います。
もともと絵やPOPデザインに興味があったので、副業として何かできないかなと考えていたときに、この通信教育を見つけました。在宅で勉強できて資格も取れるというのは、本当に無駄がなくて素晴らしいと思います。学んだことを活かして、副業につなげていきたいです。
家事や子育てに忙しくて、長くかかってしまいましたが、なんとか資格を取得できてよかったです。不慣れなメールでの質問にも、丁寧に対応していただき感謝しています。今後、POPを販売できるサイトを使って在宅副業をしていく予定です。

以上、口コミ評判の一部をご紹介いたしました。諒設計アーキテクトラーニングが人気なのも頷けますね。通信教育で資格を取るなら、諒設計アーキテクトラーニングを選べばまず間違いないでしょう。