諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

インテリアデザイナーW資格取得講座とは?

インテリアデザイナーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座は、「インテリアデザイナー」「インテリアアドバイザー」の資格をダブルで取得できる通信講座です。インテリアに興味のある方はもちろん、現在インテリアや建築関連の仕事に従事している方にとっても必見の講座といえます。

インテリアデザイナー:
インテリアデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。家具や照明など、インテリアについて熟知しているのはもちろん、デザイナーとしての表現力も有している人に認定されます。資格を取得するには、インテリアに関する商品知識や販売技術をよく理解している必要があります。
インテリアアドバイザー:
インテリアアドバイザーは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する資格です。専門知識を活かし、顧客のライフスタイルに合わせたインテリア空間を提案できる能力を有する人に認定されます。資格取得には、インテリアの知識を実務で通用するレベルで習得している必要があります。

インテリアは、快適な住まいを演出し心に癒しや感動を与える、いわば空間のアートです。インテリアデザイナーやインテリアアドバイザーは、そんな潤いをもたらす空間づくりの、お手伝いをする役目を担います。インテリアも現在は多様化していますから、より良い空間を演出するためには専門知識が必要となるのです。 インテリアデザイナーW資格取得講座では、インテリアについて深く学ぶことができ、資格取得に必要な知識・技術を習得できます。教材は初心者でもとっつきやすいように作られており、1日30分の学習でも卒業できるようカリキュラムが組まれているとのこと。さらに、「でも試験ってなんか苦手」「合格できなかったらどうしよう…」という方には、試験免除のスペシャル講座も用意されています。このスペシャル講座を選択すれば、卒業課題を提出するだけで資格を取得できます。確実に資格を取れるというのは大きな魅力ですよね。

インテリアデザイナーW資格の活用法

インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格は、家具屋やインテリアショップ、建築会社など、関連する企業での仕事に活用できます。業務のなかでインテリアに関する知識が活かせる場面は多いですし、就職や転職の際にも役立つでしょう。 また、講師資格ですから、副業として講師活動を行うことも可能です。自宅やカルチャースクールを利用してセミナーを開いたり、あるいはインテリアコーディネーターとして独立開業し、フリーランスで活動している方々もいらっしゃるようです。 資格学習で得た知識は、日々の生活のなかでも活きてくるでしょう。部屋の模様替えやリフォームなど、生活様式を変化させる場面でインテリアに関する知識・技術が役に立つはずです。また、自分のことに限らず身内や友人にも、インテリアについて適切なアドバイスができます。

インテリアデザイナーW資格取得講座の口コミ評判

諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座は、インテリアについて深く知りたい方、仕事でキャリアアップを目指したい方、インテリアに関わることで副業をしたい方などを中心に人気があり、口コミ評判も様々に寄せられています。

▼インテリアデザイナーW資格取得講座の口コミ評判
インテリアにかかわる仕事をするうえで、資格があったほうがいいと思い申し込みました。課題をクリアするごとにスキルアップを実感でき、楽しく勉強できました。解答返却時には丁寧なコメントが添えられていて、それもモチベーションにつながったと思います。
自宅でマイペースで学習できたので、とても勉強しやすかったです。教材もシンプルながら要点はしっかりまとまっている印象。メールや郵送での連絡もスムーズで無駄がなかったです。建設業に携わっているので、学んだことをしっかり活かしていきたいです。
実務で通用するレベルの学習ということで、かなり難しい内容を想像していました。でもテキストがわかりやすいように工夫されていて、思ったより勉強がはかどりました。添削や質問の受け答えも丁寧で好感が持てました。また資格が欲しくなったときは設計アーキテクトラーニングさんにお世話になろうと思います。
インテリアコーディネーターになるのが夢で、いろいろ調べた結果、この講座を受けようと思いました。法規や専門用語など、頭を悩ます内容もありましたが、なんとか卒業でき一安心です。教材は内容が濃く、充実していて、且つ図解がよく使われていたりで、とても見やすいです。今後もこのテキストを熟読し、実務に役立てていきたいです。

以上、口コミ評判の一部をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。諒設計アーキテクトラーニングが選ばれるのには、やっぱり理由があるということでしょう。もっと詳しく知りたいなら、資料請求も可能なようです。好きなことを仕事にしたいなら、設計アーキテクトラーニングでチャレンジしてみては?