諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

日本茶セレクターW資格取得講座とは?

日本茶セレクターW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングの日本茶セレクターW資格取得講座は、「日本茶セレクター」「緑茶インストラクター」の資格をダブルで取得できる通信講座です。日本茶のことをもっと知りたい!という方や、緑茶に関係する資格を使って副業をしたいという方は必見の講座です。

日本茶セレクター:
日本茶セレクターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する資格です。日本茶の種類や良質なお茶の見分け方などをよく理解し、自由自在に日本茶をセレクトできる能力を有した人に授与されます。資格を取得するには、日本茶の歴史、栽培方法や製法といった基礎知識から、お茶の正しい淹れ方、値段を決める基準まで、日本茶に関する様々な知識が求められます。
緑茶インストラクター:
緑茶インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。緑茶に関する知識、茶葉ごとの美味しい淹れ方を熟知し、「茶葉の天ぷら」や「茶飯」など緑茶を使った料理にも精通した人に認定されます。資格を取得するには、各地の有名なお茶の知識、茶器・茶道具の種類、茶葉の保管方法など、お茶に関するあらゆる知識が必要となります。

日本茶(緑茶)は今、日本国内だけでなく世界中から多くの注目を集めています。アメリカでは緑茶ブームですし、中国、ロシア、中東、アジア圏でも日本茶の認知度が上がり、たくさんの人に親しまれています。YouTubeで「green tea」と検索すれば、緑茶に関するいろいろな動画も出てきたり。日本茶人気は、今後も様々な国に浸透していくでしょう。 そんな現状だからこそ、日本茶セレクターと緑茶インストラクターは、これからますます需要が高まるであろう資格といえます。日本茶セレクターW資格取得講座では、その2つの資格を取得するための学習が同時に行なえます。また、通常は卒業後に自身で受験し合格する必要がありますが、スペシャル講座を選択すれば試験免除で資格を取得できます。

日本茶セレクターW資格の活用法

日本茶セレクターと緑茶インストラクターの資格は、日本の文化や、お茶を扱う仕事に活用できるでしょう。履歴書に記載できる資格ですから就職や転職にも役立ちますし、業務のなかでは、日本茶に関する提案や的確なアドバイスを自信を持って行なえます。 また、講師資格でもあるので、自宅やカルチャースクールを利用し日本茶セミナーなどを開くことも可能です。日本茶専門のアフィリエイトブログを運営すれば、良い副業にもなるでしょう。日本の文化に興味を持ち、日本語を覚えて来日する外国人も増えていますから、日本茶の知識は今後もニーズが高まっていくはずです。 ただお茶が好き、というだけでも、持っていて損はない資格です。美味しいお茶の淹れ方を自信を持ってアドバイスできますし、茶葉を使った料理も自在に作れるようになるので、普段の料理のレシピの幅も広がります。ホームパーティでは、お茶に関するうんちくも堂々と披露できるでしょう。

日本茶セレクターW資格取得講座の口コミ評判

諒設計アーキテクトラーニングの日本茶セレクターW資格取得講座は、日本の文化に関わる仕事をしたい方、日本茶について深く知りたい方、緑茶講師として副業をしたい方などを中心に人気があり、口コミ評判も様々に寄せられています。

▼日本茶セレクターW資格取得講座の口コミ評判
日本茶が好きで、もっと知識を深めたいと思い、こちらに申し込みました。テキストは想像していたよりも薄かったのですが、とてもわかりやすくまとめられていて内容は充分でした。資格も取れたので、学んだことを活かして、日本茶の魅力をたくさんの人に伝えていく仕事ができたらと思います。
もともとお茶にそれほど興味はなく、とにかく資格がほしいと思っていて、なんとなく関心を持ったのがこの講座でした。学習を続けるうちに、いつの間にか日本茶の虜になっている自分がいました。今は、この講座を選んでよかったと思ってます。
お茶農家として親の仕事を継ぐうえで、何か資格があったほうがいいかと思い、通信講座に行き着きました。自宅で簡単に資格を取れたことに感動です!
電話対応が丁寧だったことに安心を感じ、受講してみました。学習中も、質問すればすぐにわかりやすい返答をいただき、やっぱり安心できました。ゆっくりペースでしたが、無事に卒業でき、資格も取れてすごく満足しています。
実家がお茶で生計を立てていることもあり、以前からお茶の資格が気になっていました。あっさりと短期間で資格を取得でき、ちょっと驚いています。今後、学んだことを活かし、お茶会やセミナーなどを開催していく予定です。

以上、口コミ評判の一部をご紹介いたしました。日本茶は、日本文化のなかで代表的なもののひとつですから、日本人ならぜひとも持っていたい資格といえます。お茶に興味があるなら、諒設計アーキテクトラーニングの日本茶セレクターW資格取得講座をぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?