諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座とは?

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座は、「メンタル心理ミュージックアドバイザー」「音楽療法カウンセラー」の資格をダブルで取得できる、人気の通信講座です。受講することで、音楽の原理や効果、音楽をどのように治療に活かすかなどを学び、得た知識・スキルを資格として証明できるようになります。 ちなみに、メンタル心理ミュージックアドバイザーと音楽療法カウンセラーには、次のような違いがあります。

メンタル心理ミュージックアドバイザー:
メンタル心理ミュージックアドバイザーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格です。音楽が心と身体に与える作用を理解し、ストレス改善や癒し、健康維持に利用できるだけの知識を備えた人に認定されます。学習内容は、音楽の力や癒し効果についての知識、症状ごとに適した音楽の選び方などがメインとなります。
音楽療法カウンセラー:
音楽療法カウンセラーは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格で、音楽の役割や効果を理解し、治療に利用できる能力がある人に認定されます。講座では、音楽の歴史や効果などの基礎知識、音楽療法などについて学びます。講師活動を行うのに必須とされている資格です。

どちらの資格も、音楽を扱う分野の仕事で自分のスキルを証明するのに役立ちます。また、諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座の特徴として、通常の講座以外に、スペシャル講座と呼ばれる試験免除コースを選択できます。スペシャル講座なら試験を受ける必要がなく、卒業課題を提出するだけで資格を取れるので、合格できるか不安という方でも安心です。誰でも確実に資格を取得できるというのは、大きな魅力といえるのではないでしょうか?

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格の活用法

メンタル心理ミュージックアドバイザーと音楽療法カウンセラーの資格は、主に福祉・医療関連の仕事で活用できます。音楽の持つ力を最大限に引き出し、参加者を楽しい気分にさせたり、ストレスや不安を改善したりと、音楽アーティストさながらの活躍ができるかもしれません。また、講師資格ですので、副業として自宅やカルチャースクールなどを利用し講師活動を行うことも可能です。その他、活躍できる場所を探すのは、講座で学ぶ内容「音楽療法に携わる方法」がきっと役に立つでしょう。 音楽好きの趣味の一環として学ぶのならば、資格取得後には、おそらくもっと音楽が好きになっているはずです。音楽についてより詳しくなれますから、楽しみ方にも磨きがかかりますし、歌手やバンド、演奏者などをやっているのなら、学んだ知識・技術が必ず役に立ちます。

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座の口コミ評判

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座は、諒設計アーキテクトラーニングのなかでもとても多くの注目を集めている人気の通信講座です。そのため、口コミ評判でも様々な感想が寄せられています。

▼メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座の口コミ評判
福祉関係の仕事をしている者です。テキストが丁寧な説明でまとめられていてわかりやすかったです。この講座のおかげで、音楽をもっと楽しんでもらうための工夫の仕方がわかるようになりました。これからも、音楽の素晴らしさをたくさんの人と共有していきたいです!
自分のペースで学習を進めることができたのがよかったです。教材も簡潔ながらよくまとまっていたと思います。スキル維持のために申し込みましたが、予想以上に多くを学べたので、むしろ仕事の幅が広がりそうです。せっかく資格をとれたので、これから有効活用していきたいと思います。
添削やメールも返信が素早く、対応が良かったです。ミュージックセラピーに興味があり、いつか自分で開業してみたいと思ってます。まずは卒業特典の副業支援制度にお世話になってみるつもりです。やっぱりこの講座を選んで正解でした。
音大出身なせいか、あっさりクリアできてしまいました。学んだ内容は、音楽というものをこれまでとはまた違った視点で見させてくれるものでした。良い意味での刺激になり、とても満足しています。新たに得た知識と自分の経験を基盤として、誰かの役に立てるような事業を展開できたらと考えています。

以上が、メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座の卒業生たちの口コミ評判です。趣味で資格を、というよりは、仕事や独立開業に利用したいと考えている方が多いのが印象的でした。資格は、自分のスキルを目に見えるかたちで証明できる、一種の武器ともいえます。音楽療法に関心がある方や、音楽をもっとうまく活用したいという方は、教材のわかりやすさ、サポートの安定感に定評のある諒設計アーキテクトラーニングでの受講を検討されてみてはいかがでしょうか?